Columns

“自分と暮らす”を叶える不動産会社インタビュー

物件ではなく、“会社”や“人”で不動産会社を選んでほしい-株式会社サムタイムズ足立さん

リノベーションで重要なことのひとつが“物件探し”。納得できる物件に出会いたいと思いますよね。Qumaではお施主さんの“自分と暮らす”がよりよい形で実現できるように、物件のプロである不動産会社さんとタッグを組むことも。今回はそんな頼れるプロにインタビュー!リノベへの思いや、プロならではの視点をお伺いしました。

“自分と暮らす”を実現する不動産会社

お話をお伺いしたのは――


株式会社サムタイムズ
代表 足立淳さん

リノベした後、幸せに暮らせるかどうか

Quma サムタイムズさんはリノベーション向き物件がお得意な不動産会社と伺っているのですが、そもそもリノベ向き物件てどういうものなんでしょう。

足立 間取りや設備を変更したり、特定の素材を使うことを禁止している物件もあるので、そういった条件をクリアしているのが一般的にリノベ向き物件になります。そのまま住む場合であれば、物件そのものや、周辺環境、眺望などを確認すればいいのですが、リノベする場合だとさらに多くのチェックが必要になってきます。

Quma サムタイムズさんはそういったチェックをしてくれるんですね。

足立 もちろんそうですね。ただ、これらは管理規約を取り寄せてチェックすればいいだけなので、実はそんなに難しいことではありません。
弊社は“リノベして住んでみて、幸せに暮らせるかどうか”“資産価値が維持できるかどうか”
この2つを大事にしながらお客様に物件をご紹介しています。

Quma 不動産会社って、広さや予算だけ聞いて、条件に合う物件を見せて、売って終わりというイメージがあります。

足立 弊社は初回打ち合わせの段階で、どんな暮らしがしたいか深くヒアリングさせていただきます。お子さんが大きくなった時など将来のことも話したり。そのご家族の雰囲気をつかむことも大事だなと思っていて、雑談もたくさんしますね。
また、ライフステージが変わって家を売却することもあると思っていて、資産価値が下がってしまうような適当な物件は紹介しないようにしています。売却することになった時、またサムタイムズに相談したいと思っていただけると嬉しいですね。

Quma それはとっても心強いですね!ちなみに、資産価値が維持しやすい物件ってどんなものなんですか?

足立 実はいろんな要素があって……初回にそれも詳しく説明させていただいています。

足立さんに資料を見せていただいたのですが、タメになる情報満載!
1時間くらいかけて説明してくださるそうです。

足立 最初にこんな詳しく説明する会社ってなかなかないと思うのですが、お客様にもちゃんと勉強してほしい、全部わからなくても、こんなに要素があるんだということを頭に入れておいてほしいという思いがあります。

Quma 確かに、ネットでは知れないことがたくさん……!これを教えてくれるのってすごくありがたいです。

納得する物件が見つかるまで探し続けます

Quma サムタイムズさんにご相談してから、物件決定までの流れを教えてください。

足立
初回打ち合わせ(ご要望のヒアリングや資産価値のご説明)→
物件を探し、見つかったらご連絡→
見たい物件があれば内見→
申し込み(価格や時期交渉)

というのが基本的な流れです。
一件目で決定される方もいらっしゃいますし、数年に渡って探していらっしゃる方も。
お客様が付いてきてくれる限り、物件が見つかるまで探し続けますよ。

不動産ではなく、“会社”や“人”で選んでほしい

Quma 一般的な流れだと、まずはネットなどで物件を見つけて、その内見のために不動産会社に連絡して、希望に合わなかったらまた別の物件をネットで探して……というイメージですが、サムタイムズさんに相談すれば、条件に合う物件を探し続けてもらえるんですね。
こちらの要望もわかってくれているし、信頼関係も深まっていきそうです……!

足立 そうですね。不動産選びをするときは信頼できる不動産会社や営業マンを見つけてほしいと思っています。
物件を軸にしてしまうと、色んな不動産会社に一から相談しなくてはいけないし、不動産会社によっては合わないと思うこともありますよね。

弊社は“会社”や“人”で選んでもらえることが多くて、物件を決めた方が、お友達を紹介してくれることも多いんです。信頼していただけているんだなと嬉しい瞬間でもあります。

家探しはワクワクしてほしい

Quma 幸せに暮らせる物件探しのために、やった方がいいことはありますか。

足立 予算など現実的なことはいったん忘れて、理想の暮らしを妄想してもらうといいと思います。うちでは「予算を考えなければ、どこに住みたいか」というのは聞くようにしていて。それが実際は難しくてもその理由を深くお伺いしていって、それが叶えられるエリアや物件を探すようにしています。

Quma それはすごくワクワクしますね!

足立 まず理想を広げてもらえれば、そこから取捨選択できますし、リノベーションなら理想に近づける方法がいくつもあったりしますからね。物件探しをしすぎると疲れてしまいますが、ぜひワクワクしながら家探しをしてほしいです。

“業者”ではなく、“家族”や“友人”のような関係でいたい

Quma 足立さんがこの会社を立ち上げたのはなぜですか?

足立 前職は不動産情報を扱う会社のリフォームの部署にいたのですが、リノベーションやリフォーム業界ってみんな頑張っているのにもらえるお金が少なかったり、クレームが多かったり。もっとこの業界を良くできないかなと思って、会社を立ち上げました。父が建築士で、もともと自分もインテリアが好きだったということもあります。

Quma このお仕事のやりがいや、忘れられないことを教えてください!

足立 お客様と内見に行って、鳥肌が立つ瞬間ですかね。事故物件とかじゃなくて(笑)、「ぴったりの物件きたー!」ってビビビっとくるときがあるんです。お客様も隣で同じように感じていて、玄関に入った瞬間、顔を見合わせて「これですよね」「これですね」と話したりして。

Quma それはすごい!お客様と通じ合っているからこそですね。

足立 その物件が購入できない、なんてこともあるんですけどね。でも、それも後になるともっといい物件が見つかって「あのときは買えなくて良かったです!」ということも多いんです。
お客様と一緒になって喜んだり、悲しんだり。おひとりおひとりに忘れられないエピソードがあります。
リノベ後にご自宅に呼んでいただいて、一緒にお鍋を食べたりなんてことも。

ただの“お客様”ではなく、大切な“家族”や“友人”のような感覚で仕事をしています。
お客様にも不動産の“業者”ではなく、“家族”や“友人”のように相談してほしいという思いがありますね。

不動産会社のイメージを覆すお話がたくさん!足立さん、ありがとうございました。
実際にQumaのリノベでサムタイムズさんと一緒に物件探しをすることもできます。
ぜひご相談くださいね。

資料請求

リノベーション事例集やお得なキャンペーン情報を郵送します

ico_documents

資料請求する